衛生面について
-熊本ハレンチ女学園-



衛生面の取り組み



ハレ系では横浜クリニックと提携し、シャワー室内においてもイソジンやグリンス等の外科手術用消毒石鹸を使用しており、店内の衛生面の向上をはかっております。

さらに、在籍している女性全員に各種STDのグループ検診(採血法、腟内分泌物、採取法、咽頭分泌物採取法)行っており、最低一月に一回以上受診することを義務づけております。
また、グループ検診を受診することのできない女性は専門医院で受診を受けた上で検査結果の提出を義務づけております。


↑一番上に戻る
←ハレ女TOPへ戻る

検査項目とその特徴



トリコモナス(グラム染色法)/淋菌(SDA法)/カンジタ症(グラム染色法)
・現在最も広く使われている優れた染色方法です。検査を迅速に行える事で結果も早くご報告が可能です。この染色法により、細菌を濃い青紫色に染まるグラブ陽性菌と、薄い赤色に染まるグラム陰性菌に染め分ける事が出来ます。細菌の分類を調べる上で重要な検査です。

HIV抗原・抗体(CLIA法)
・AIDSの原因ウイルスであるHIVの抗原と抗体を同時に測定。抗体産生までのウインドウ期においても早めの時期で検出が可能です。

HIV確認試験(ウエスタンプロット法)
・HIV-1 特異抗原に相当する10種のバンド(糖蛋白質・コア蛋白質等)を測定し確定判定致します。

※上記HIV検査(2法)は、保健所等で採用されている検査法と同様です。


梅毒(TPHA法)
・梅毒病原体に対する特異抗体を検出し、初期感染や過去の感染既往等の指標に役立てています。

梅毒(ガラス板法)
・カルジオピン抗原で感作したコレステリン粒子と患者血清をガラス板上で混合し、凝集塊の有無を顕微鏡で確認します。この検査により初期感染や治療後の数値の変動を指標としています。

※梅毒検査の判定は、1つの検査法だけではなく2つの検査法を用いる事で正確な判定を行っています。


クラミジア(SDA法)/咽頭クラミジア・淋病検査
・クラミジアの特異的なモノクローナル抗体による検査で抗体を直接検出します。検出感度が高く手技的にも容易な為、素早い報告が可能な検査です。


入店間もない女の子にも上記のような検査を行っております。
月に一回以上の検診を受けていない女性は検査結果を提出するまで出勤させておりません。
また待合室にも検査済証を掲示してあります、ご確認ください。
なお検診の際には健康診断もおこなっております。

衛生面に関しまして疑問、要望がございます場合は熊本ハレンチ女学園のお問い合わせ宛にメールをお願いたします。


↑一番上に戻る
←ハレ女TOPへ戻る

熊本学園系制服イメクラ風俗店
熊本ハレンチ女学園
tel:096-324-1195
[アクセスマップ]
熊本市中央区下通2-1-19熊本楽園ビル2F

(c)熊本ハレンチ女学園